ウォーターサーバーのRO水の特徴

天然水よりも安く手に入る

近年になって家庭での利用が増加しつつあるウォーターサーバーは、手軽に安全な水が飲める便利なツールですが、その中に入れる水は大きく分けて天然水とRO水の2種類があります。このうち、RO水の特徴の一つは、天然水と比べて安価に手に入るという点です。天然水の場合には、山や森などから採取してきた自然の水をしっかりと除菌処理しなければならないため、それなりにコストがかかるのですが、RO水の場合には、水道水や天然水をRO膜と呼ばれる超微細なフィルターで濾過するだけで簡単に作れるので、製造にかかるコストを抑えることが可能です。より安いコストで作れる分、RO水の方が天然水よりもリーズナブルな価格で販売できるいうわけです。

口当たりが良く飲みやすい

RO水のもう一つの特徴は、非常に口当たりが良く飲みやすいという点です。そのため、赤ちゃんや高齢者の方でも無理なく飲むことが可能です。RO水には、水道水や天然水をRO膜で濾して作られるタイプのものと、そこにミネラルを添加したものの2つのタイプが存在します。このうち、前者のタイプはピュアウォーターと呼ばれており、その味は完全に無味無臭となっています。一方、後者のタイプは、ミネラルが入っているため、多少味はするものの、かなりまろやかで、さっぱりとしているので、口当たりが悪いと感じる人はあまりいないでしょう。そのため、老若男女を問わず、誰の口にも合いやすいというのも、RO水の持つ特徴であると言えるかもしれません。

ウォーターサーバーの価格は、サーバー自体の価格のほか、水代や電気代などのランニングコストも比較した上で購入することが重要です。